主な取り組み

私たち全国公的扶助研究会は全国の生活保護ケースワーカーを中心として、研究者や各種民間支援者、当事者らが手を携えて公的扶助を取り巻く問題について研究と交流を深めていく団体です。年1回の全国セミナーの他、各地でのブロック活動、機関誌発行など、現場から理想の公的扶助の在り方を発信していくべく活動をしています。公的扶助に関心のある皆さん、一緒に活動しませんか?

ban_declaration.png

新着情報

2019年7月28日 【お詫び】第52回公的扶助研究全国セミナー開催要綱の記載誤りについて

お 詫 び

2019年7月28日

第52回公的扶助研究全国セミナー実行委員会

 

 このたび第52回公的扶助研究全国セミナー・大阪大会 開催要綱中、3日目の「特別講座」<ひとり親支援>の案内文に、引用元の記載漏れがあり、また講師が誤って記載されておりました。報告者を始め関係者の皆様に深くお詫びするとともに、要綱を訂正させていただきましたことを報告いたします。

 

【訂正後】2019開催要綱_190728.pdf

 

2019年7月18日 (2019.10.25~10.27)第52回公的扶助研究全国セミナー大阪大会の申し込みを開始しました!

2019年10月25日(金)~27日(日)に大阪府堺市・大阪府立大学中百舌鳥キャンパスにおいて第52回公的扶助研究全国セミナーを開催します。12年ぶりに大阪での開催となります。豊富な講座・分科会・講師陣で皆さんと学びあえる場を準備しています。セミナーの詳細は下記の開催要綱をご参照ください。今回もたくさんのご参加をお待ちしています!

なお、2日目の西成フィールドワークは定員30名(抽選)です。フィールドワークの申し込みは2019年10月11日までとなります。ご希望の方はお間違いのないようにお申し込みください。

参加者管理の効率化のため、「申込フォーム」からの申し込みを原則とさせていただきます。ご理解とご協力をお願いいたします。

2019開催要綱_190728.pdf   第52回全国セミナー パンフ.pdf   申し込みフォーム

 

第52回全国セミナー パンフ-1.png第52回全国セミナー パンフ-2.png

2019年7月17日 7/6会員限定企画「就労支援学習会&柏木ハルコさん祝賀会」を開催しました。

「会員限定企画」として、3部構成で開催しました。

  

<第1部>就労支援学習会

厚生労働省により昨年度開催された「生活保護受給者に対する就労支援のあり方に関する研究会」の報告書をもとに、この研究会の委員であった池谷秀登会員(帝京平成大学)から、議論の経過等についての報告があり、参加者からの質疑を通して、さらに具体的な話を聞くなど時間いっぱいの学習会でした。

就労支援額集会0.5.png

  

<第2部>柏木さんを囲む読者会

第64回小学館漫画賞を受賞した漫画『健康で文化的な最低限度の生活』の原作者である柏木さん、編集者の浜本さんを囲み、参加者全員から、漫画の感想や質問などを寄せ、あっという間の90分間となりました。

読者会0.5.png

  

<第3部>柏木ハルコさん祝賀会

貸切の店舗にて、「祝賀会」を行いました。

参加申し込みに合わせて寄せられた参加者からのメッセージや歴代の編集者からのメッセージの映像、花束贈呈、漫画を題材にしたクイズ大会、ケーキのお祝いなど、盛りだくさんの中、参加者が移動し、柏木さんと交流するなど楽しみました。

祝賀会0.5.png 祝賀会1.5.png 

祝賀会2.5.jpg

(クイズ景品・・・全てサインをその場でいただきました。)